貸事務所の利用者

手軽な食事

以前よりも賃貸事務所の種類が増えています。オフィスビルの一室を借りていたのはもはや過去の時代です。業務の規模が小さい利用者に、新しいタイプのオフィスが愛用されています。 例えば1つの部屋の利用者が複数存在する場合です。個人で企業を運営している人がいますが、1人で部屋を使い切れない利用者がいます。せっかく借りたオフィスのスペースを遊ばせてしまっているような利用者は、空いた空間を見つめて常にため息をついていました。そこで複数の利用者で空間を使い切る賃貸事務所が生まれたのです。 また賃貸事務所で仕事をする必要がない人もいます。パソコンだけで仕事を進められるような人達です。しかし取引先から信頼を得るために、住所だけを借りる場合があります。

以上のように賃貸事務所はバリエーション豊かです。問題は利用料金についてですが、基本的に利用できる空間が広いほど高額になります。 そういう意味では最も高額な出費になるのは、通常の賃貸事務所です。1室を全て借り受けるため、利用料金が増える事は仕方がありません。 それに比べると複数の利用者で分割利用するシェアオフィスは、賃貸事務所よりも遥かに安い値段で使えます。1つの部屋を借りていても、実際は複数人で支払いをしているから当然です。 住所だけを借りるバーチャルオフィスは、さらに安い価格で利用できます。名義だけを借りるサービスなので、空間を確保する必要がありません。そのため一等地で仕事をする企業家を演じる事ができるのです。